松本人志の貸し付けの金額

松本人志の貸し付けの金額

松本人志が後輩芸人のために貸し付けを始めましたが、その需要は予想以上に高いと考えられています。
価格は一人100万円です。 1,000人集まると10億円になります。
吉本興業に密接に関連している後輩芸人は6,000人以上いますから、1,000人への貸し付けも可能性としては否定ちょっと不可能でしょう。裏技くらいあれば別ですが。
これだけの値段を松本人志本人がすぐに出せるのかどうかは不明ですが、それでも貸し付けを表明したことだけでも評価できます。
もちろん、このニュースに対して横やりが入ったことで、さらにニュース性が高まりました。
善意に対して横やりを入れる人への非難です。
ただ、非難の応酬は何の成果も生み出しないです。希望をなくしてしまう行為です。
現在は、松本人志の行為に対して救済される後輩現認がいることは確かです。 彼らがどれだけ立ち直れるのかを見守るべきかもしれませんね。
インターネットで簡単に意見を投稿できる時代となりましたが、その発言の多くは深く考えた末の意見ではありません。
一つのニュースの表面だけを見て、それに対する反対意見難度をすぐに投稿してしまうのです。
さまざまな発言で騒動を起こしてしまう人が少なくないです。相手を強く非難することは誰も幸せになれません。
善意に対しては別の形で自分の善意を見せることが大切でしょう。
貸し付けを簡単にできる人は多くありません。なので、松本人志の真似をするのではなく、何ができるかを考えていくことが重要です。
その気持ちがあれば世界中の人が困っている状況を改善する力になること。
松本人志と吉本興業の関係について、色々な意見がありますが、コロナウイルスで困っている人を助けたいという気持ちに嘘はあまりないでしょう。。
別の次元の話を混同したような投稿は避けなければなりないです。それを読んでも無視すべきです。
一つの意見に逐一反応するのではなく、高いところから俯瞰する気持ちを持つことができれば、インターネット上のブログの炎上なども発生しない。
インターネットでは人の意見に輪をかけて話を大きくしようとする気持ちが強くなります。
人の攻撃性を高めてしまうのです。
松本人志の後輩芸人への貸し付けは間接的なニュースが情報源。正しい情報を得ることがポイントです。

page top