松本人志が貸し付けをする理由

松本人志が貸し付けをする理由

インターネットでは松本人志が後輩芸人のために貸し付けを始めたことについて、多くの反響が広がっています。
元々、松本人志は後輩芸人たちに頑張ってもらいたいと考えている人であり、不祥事問題が出た時も奔走しています。
今回のコロナウイルスでは後輩芸人の収入減が経たれていることから、金銭的な支援として貸し付けを発案したの。
つまり、貸し付けの理由は明確です。
これに対して、素直に行為として受け取れない趣旨の投稿がある点は、本人だけではなく他の人からも残念だとコメントされています。
人が困っている時に自分にできる範囲で手を差し伸べることに対して、素直な感謝の気持ちを出せない人はどこかで大きな間違いをしているの。
後輩芸人に対して貸し付けを行うことが、貸金業法違反になるかもしれないと法律論を述べているニュースもありますね。
しかし、これだけ話題になっている時点で法律的な問題が発生するとは考えにくいで。そんな感じの視点でニュースを見ていることがすでに歪んでいるのです。
松本人志の行動を素直に称賛する人とそうではない人に分かれてしまうのは悲しいことです。
貸し付けの理由を深く考えなくてもいいはずです。
日本だけではなく多くの人が困っている状況は毎日ニュースに出ています。
松本人志は自分ができる範囲で行動しているにすぎないのです。
私財を投じることの是非はあるかもしれない。彼にできることをやっただけ。
お金を持っている他の人がどんな感じの行動を取るかについては、誰かが是非を判断する必要はございません。
困っている人に対して善意の手を差し伸べるだけです。 深く理由を追求しても意味はあまりないでしょう。。
世の中にはお金を持っている人と持っていない人がいることは現実として認めなければなりません。
その上で、コロナウイルスで生活できなくなっている人に対して自分に何ができるかを考えて、行動することが重要です。
もちろん、多くの人は何もできないのです。
松本人志はできることをやっているだけです。
その気持ちに感謝や賛同をすればいいのです。
ニュースとして取り上げられることで松本人志の評価が上がるかもしれません。そのことに特別な意図を感じる人は、常に何かを疑ってかかる人なの。

page top