松本人志の貸し付けとは

松本人志の貸し付けとは

有名芸能人の松本人志がコロナウイルスの影響で生活難となっている後輩芸人救済のために貸し付けを行うと発表したことが、大きな反響を呼んでいます。
もちろん、これは松本人志が有名人であると言う点も反響の要因。
後輩芸人だけではなく日本中に生活が行き詰まっている人が少なくないのです。
ただ、救済のために私財を提供する人は多くないのです。
もちろん、政治家などは私財を提供することは売名行為となります。難しい点がありますが、芸能人は多数なしがらみとは比較的無縁の環境にあるため、このような貸し付けをするための障害は少ない。
具体的な貸し付けは一人当たり100万円までで無利子無担保、返済は5年間としています。
ちょっと変わった条件はおもしろいやつということですが、この条件には深い意味はない場合が多いでしょう。
本当におもしろいやつなら、すでに人気芸人になっているからです。
この言葉だけで貸し付けのハードルが高くなったのではないかと述べている記事もあります。それは憶測にすぎません。
松本人志が私財で貸し付けを行うという情報は多くの人に知られていますが、その実態はどのニュース源にも記載されていません。
コロナウイルスに関するフェイクニュースや詐欺行為が頻発している中で、このようなニュースが流れると真偽を疑ってしまう気持ちにもなります。
売名行為だと批判する人も少なくありないです。批判している人が特定されているわけではないのです。
吉本興業は芸人による不祥事が相次いでいて、それを何とかしたいと松本人志は行動を起こしましたから、今回の貸し付けもその気持ちの表れ。
しかし、重要なことはこのような貸し付けを個人レベルで行わなければならない状況を憂えている人の声が出てこないことです。
日本中で飲食店の経営が行き詰まっていることは毎日ニュースになっています。これから芸人を目指している人や社会人となろうとしている人も同じように自分の将来に不安を持っています。
自分で決めた将来ですが、予想外の展開になっているのです。
松本人志が後輩芸人を救済する状況は会社や業界が何もしていないことを示しています。
そこのことの方が大きな問題。

page top