松本人志の貸し付けの反響

松本人志の貸し付けの反響

コロナウイルス感染拡大を抑制するための自粛要請が日本全国に広がっています。
このため仕事を失った人が多くなっていると毎日のニュースを見ているとわかります。
芸能界も同じ状況ですが、若手芸人は劇場での出演機会が失われて、日常生活が厳しくなっているのです。
このような状況で芸人の松本人志が後輩芸人に対して貸し付けをするというニュースが大きな反響となっています。
もちろん、芸人としての行動を参照する言葉がほとんどです。
吉本興業に属している芸人は数千人に上りますから、松本人志が提供するお金は数億円に上ると予想する関係者もいます。
一人100万円を無利子無担保で提供するのです。中途半端な気持ちではないでしょうね。
もちろん、若手芸人がこれからの活躍を期待しての行動であり、素直に善意として売っていいのです。
テレビに出ている芸人は大勢の中のごくわずかであり、その他大勢は日々の糧を得るために努力しているの。
芸人だけで食べていくことは非常に厳しいと想像できます。
芸人だけがコロナウイルスの影響を受けているわけではありません。松本人志としては自分の後輩たちが苦しんでいる状況を何とかしてやりたいと思ったのです。
ニュースとして取り上げられることは不本意なのかもしれません。
このニュースを読んで多くの人が賞賛の投稿をしています。
他の業界にも善意の輪が広がってほしいものです。
もちろん、直接お金を出すことだけができることではありません。なので、貸し付けの是非を論ずる必要はない場合が多いでしょう。
自分にできること、やるべきことを、個人レベルで考えればいいのです。
自粛生活が長期化する中、テレワークを活用した新しい動きも出てきていますし、飲食店などはテイクアウトに活路を見出そうとしています。
コロナウイルスをチャンスとしてとらえられるなら、いい方向に向かう。
元の生活に戻るにはかなりの時間がかかりますが、芸人たちが元気に活躍してくれるなら、それが国民を元気にしてくれること。
貸し付けはその一部を担っているにすぎません。
しかし、今、松本人志にできることは後輩芸人に対する貸し付けだと考えたの。
その善意を無駄にしないことが大切ですね。

page top